ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。

ペナンのインド人街の激安中華食堂Heng Kee Restaurant

いつも見ている「旅なすび」さんのブログ記事
紹介されています。(大感謝!)

tabinasubi.com

Heng Kee Restaurant(興記飯店)
60, Lebuh China, George Town
月曜休み
私のコンドからは、バス101でリトルインディア
(20分)下車、徒歩3分。

f:id:mimiruby:20190108163420p:plain

お店の中はこんな感じ。↓

f:id:mimiruby:20190108163521p:plain

メニューを見てみますと、麺類や炒飯類がありません。
一品料理ばかり、ただ料金は安いです。
ビール類もありません。
Chicken Slices with Ginger and Spring Onions 10RM、
白米0.8RM、中国茶0.8RMをオーダーしました。↓

f:id:mimiruby:20190108163622p:plain

お味は普通です、取り立てて、言うことはありません。
お値段は確かにお安いですが、麺か炒飯だけを中国茶と
取った場合のお勘定は、
大東酒楼

mimiruby.hatenadiary.com

GS White Beach

 

mimiruby.hatenadiary.com

Hong Kee Bamboo Noodle

mimiruby.hatenadiary.com

のお勘定10RM(=270円)と比べてみると、
それ程お安くはありません。
ただ、麺や炒飯以外の一品料理というと、
料金だけで比較しますと、こちらのお店
の方がお安いです。
今日のお勘定は、少しおまけしてくれた
のでしょうか、11RM(=297円)でした。 

このお店の料金とお店の感じは、私が
学生時代、パリで通った中華食堂を
思い出させます。

1976年当時の物価と為替レート(1F=60円)
で学食が1食3F(=180円)、
サンドイッチ・グレック(ケバブ)が
3.5F(=210円)、
中華食堂が1食10F(=600円)、
カルチェラタンの安レストランの
3コースメニューが15F(=900円)でした。
2019年、現在のペナンでの外食の相場は、
1976年のパリより随分お安いです。 

Heng Kee Restaurant(興記飯店)の
メニューはこちら。↓
土・日限定のメニュー、豚足の煮物16R
Mなどが入ったページは写真がぶれて
いるので割愛しています。

f:id:mimiruby:20190108164242p:plain

f:id:mimiruby:20190108164320p:plain

f:id:mimiruby:20190108164355p:plain

f:id:mimiruby:20190108164433p:plain

f:id:mimiruby:20190108164512p:plain

f:id:mimiruby:20190108164544p:plain

バス停まで戻るときに、インド人街の露店で
サモサ2個2.4RM(=64円)購入。
バス101でコンドへ。
サモサをおつまみにビールを飲みながら、
このブログを書いています。

 

 

*******

ブログランキングに参加しています。
この記事が面白い、と思われた方は
クリック頂けると幸いです。
皆様の貴重な1クリックがポイントに
なり、ブログランキングでの露出拡大
につながります。

*******

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

ジモモ ペナン