ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

異国で人に助けられた経験:私は他人の善意に守られている

f:id:mimiruby:20190830111337j:plain

インターネットを通じての様々な情報収集で

助けてもらっているのは、毎日の事ですが、

実生活、リアルな日常でも、何度も、人の

善意に助けていただいています。

改めて、大感謝です!

ペナンでは、

コンドのユニットの入り口ドアが、海からの

突風で閉まり、ドアラッチボルトが外に

飛び出てしまい、外に締め出された時、隣の

ユニットにお住いの方に助けていただいた事。

Iさんに大感謝!

mimiruby.muragon.com

スマホを置き忘れたとき、見つけていただいた

こと、これは2件あります。(直近2 か月の間に)

これからは、よく気をつけるようにしなければ・・・

スマホは無ければ、Grabも、Faveも、Google

Mapも、カメラも、電話も、使えなくなります。

文明の利器ですが、失くしたら、怖いことです。

海獅子荘のトシさんに大感謝!

mimiruby.muragon.com

La France Cafe & Restaurantのちょっと怖い

フランス人の方に大感謝!

mimiruby.muragon.com

昔から、いろいろありました・・・

学生時代、パリにいたころ、アルバイトを紹介

くださった日仏文化クラブ

Club Culturel Franco-Japonaisのマダムソロンに

大感謝!!

mimiruby.muragon.com

学生時代の貧乏旅行の頃、ブリンディシから

ピレウスの船旅の時は、イギリス人の若者の

親切に助けられました。

mimiruby.muragon.com

前々職の時代の上司・後輩の方々:

中でもO氏には、東京時代(1988年)、私が

退職願を出した際に、ロンドン異動を社内で

働きかけていただき、最初の海外駐在を実現

していただきました事、

その後、転職するにあたっても励まして頂い

たことなど、感謝してもしきれません。

先輩A氏、後輩S氏にも感謝の気持ちばかり。↓

mimiruby.muragon.com

ロンドン駐在の頃、サンクトギルゲン(オーストリア)

に家族旅行していた時、小さな娘用の粉ミルク

(娘には、ロンドンから持ってきた粉ミルクと

現地調達の牛乳と混ぜていたものを飲ませていました)

を、旅行の最終日に使い切ってしまい、空港で、

やはり赤ん坊を抱えている、見知らぬ母親の方に、

ミルクを分けてもらったことがあります。

大感謝!!です。

パリ駐在の時には、パリにアパルトマンを買った

私を援助してくれた2人の社長:

Y社長には、私の銀行パリバからのPELローンが

実行されるまで、現法社員のための社内融資を

駐在員の私にも適用して、つなぎ融資をして

いただいたこと。

大感謝!です。

アパルトマン購入後も、本社に私のための住宅

補助、家賃補助を続けてくれるように骨を折って

いただいたK社長、大感謝!!です。

本社人事部では、「住宅費補助ではなく、住宅

融資制度の変形。本社規定にある日本国内の持家

補助・融資制度の機会逸失」の理由で認可を

頂きました。

なんという素晴らしい会社でしょう・・・

この他にも、沢山の善い思い出があります。

私は、本当にこれまで、人の善意に守られて

生きる事ができています。

これからも、これが続いてくれますようにと

祈っています。

「世界に人の善意は溢れています。」と、

いつも思っています。

 

*******

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
この記事が面白い、と思われた方は、にほんブログ村
のバナーをクリック頂けると幸いです。
皆様の貴重な1クリックがポイントに
なり、ブログランキングでの露出拡大
につながります。
よろしくお願いします。

*******