ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

海外から貰える年金 駐在員とは?駐在員になるメリット

f:id:mimiruby:20190903224906j:plain

私は年金生活者で日本とフランス(5年就労分)

から年金をいただいています。

7年働いたオーストラリアには、年金支給を申請

しましたが、当時の就労ビザがTemporary

だったということで、支給を却下されました。

3年働いたイギリスについては、申請手続きを

やめました。

素晴らしく面白いブログを見つけたので

紹介します。

「のまどサラリーマンのブログ」に大感謝!!!

海外駐在員とは?もはや会社員とは

思えない給与・年収の話

(以下引用)

<前略>

海外駐在員の年収・給与事情

もはや一般的になっていることではあるが、

海外駐在員の年収・給与はその仕事内容に

みあわず高い。

額面年収は日本の給与×1.5倍、手取りだと

×1.8倍が目安

具体的には、日本でもらう年収・給与の

1.5倍くらいとなるのが目安。

たとえば日本での額面年収が500万円で

あれば、750万円にUpする。

額面年収が1000万円であれば、

1500万円にUpする。

ただし、

これは額面での話であり、手取り額は

日本にいたときのx1.8倍くらいとなる。

なぜなら駐在員は駐在先で所得税・

住民税をはらう義務が発生するが、

これらはすべて会社が負担するから。

したがって、日本の手取り vs.

海外駐在員の手取りを比べると

「日本にいるときの手取りx1.8」が

ほとんどの会社で目安となる。

<後略>

 私のN社、D社の駐在員時代

(1981-82年、1988-2002年)の頃の

海外駐在員と現地採用社員のことは、

以下のブログに書いています。

mimiruby.muragon.com

転職・就活のまどサラリーマンさん

(大感謝!)のブログでは、

nomad-salaryman.com

<駐在員は駐在先で所得税・住民税を

はらう義務が発生するが、これらは

すべて会社が負担する。>ほか、

収入明細が細かく、記述されています。

私の駐在時代(今もたぶん同じ)、

赴任国の社会保険も会社負担でした。

私がD証券のパリにいた頃、会社が

駐在員本人に支払う給与(手取り額)

の3.8倍が会社のコストでした。

この納められた社会保険が実は、

駐在員にとって

給与以外の大きなメリットです。

これが、老後、海外から貰える

年金の基礎になるからです。

 

*******

ブログランキングに参加しています。
この記事が面白い、と思われた方は
クリック頂けると幸いです。
皆様の貴重な1クリックがポイントに
なり、ブログランキングでの露出拡大
につながります。

*******