ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

日本の100年安心!の年金について

ここに書くことは、あくまで私の個人的な感想です。

私は現在66歳、年金生活者です。

60歳以上になって、年金をいただいても、

 

f:id:mimiruby:20190830193226j:plain

年金だけでは、日本では、とても暮らせません。

www.youtube.com

60歳定年になって(それまで36年間、

日本の年金を払って)、

半年間、再雇用で働き、

その後、在宅トレーダーで1年くらい、

3年ほどハケンで働きましたが、

この間がちょっと勿体なかったです。

定年後、直ぐ、ペナンに来るべきでした。

当時は、年金支給の間に働いても、

給与がある金額を超えると、年金支給額が

減らされる、年金支給がストップする

(支給年金額で足りないから働いている

のに・・・)など、酷い状況で、

勤労意欲も失せてしまいます。

おまけに、所得税・地方税、健康保険料・

介護保険料など、租税公課の負担が大きい

こともあり、

日本国外に出ることにしました。

単身の私の場合、ペナンの生活費は、毎月

RM5,000(=135,000円、1リンギット=27円)

を、大体の目安で考えています。

生活費は、横浜で暮らしているときの半分

以下になりました。

ただ、それでも、支給される

(36/40年の割合?)

(追記)

ねんきんネットで見てみると、

厚生年金保険加入は452月(=37.66年:

定年後に払った月も加算) 、

国民年金(基礎年金)428月

(=35.66年)となっていて、

480月(40年)が満額とすると、

それぞれ、

452/480=94%、428/480=89%。

日本の厚生年金・国民年金の

年金額の半分(妻と折半)では、

別居生活の生活費には、

充分ではありません。

これに企業年金の半分

(妻と折半)と、

フランス年金額の半分

(妻と折半)を

足してようやく、働かなくても

暮らせるようになりました。

mimiruby.muragon.com

昨年5月からペナンで暮らして、

ペナン生活の一応のメドがつき

ましたので、8月には、高雄(台湾)

ロングステイの下見旅行をします。

*******

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
この記事が面白い、と思われた方は、にほんブログ村
のバナーをクリック頂けると幸いです。
皆様の貴重な1クリックがポイントに
なり、ブログランキングでの露出拡大
につながります。
よろしくお願いします。

*******