ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。

60代からの東南アジア周遊の旅ロジ(2019年度版) 

f:id:mimiruby:20190829142021j:plain

ヨーロッパを放浪していた頃は、泊るところは、

ほとんどがドミ、ペンション、ユースホステル

でした。

パリでは、屋根裏部屋を月極めで借りていました。

日本でインバウンドの仕事をしていた頃は、

日本国内で、富裕外国人層が泊るメジャーな

ホテルは、ほとんどすべて泊りました。

証券会社のサラリーマンになってからは、

当たり前にレガシーキャリア、悪くないホテルで

出張をしていて、マイレージプログラム(JL,ANA,

QF,DELTA)には大変お世話になりました。

mimiruby.muragon.com

現在は退職して、年金生活者でペナンにベースに、

東南アジアをチマチマとLCCで旅行しています。

66歳の現在では、いくら、貧乏旅行と言っても、

エアビー(airbnb)やホテル安宿の個室です。

昔の旅行の移動手段は、ほとんどが、列車やバス

でしたが、時代は変わりまして、隣国に行くのも、

当たり前のように飛行機移動です。

この旅行ロジは、そんな私の、現在の、東南

アジア旅行ロジのまとめです。(2019年度版)

 

[1]航空券手配について

検索サイトはたくさんありますが、どれも

絶対というものはありません。

うっちゃりを食らうことがよくあります。

検索サイトで、ある程度、旅行先・日付の

メドをつけて、面倒ですが、航空会社の

サイトで検索してみることが必要です。

旅行会社サイトの方が安いこともあります。

私がよく使っているのは、スカイスキャナー

経由で見つけたTrip.comという旅行会社の

サイトです。

f:id:mimiruby:20190829142427j:plain

関連記事

mimiruby.muragon.com

mimiruby.muragon.com

mimiruby.muragon.com

 [2]ホテル手配について

いろいろなサイトがありますが、今のところ、

当たりが多いのはBooking. comです。

mimiruby.muragon.com

これまで、Agoda, Expedia,Booking Com,

日本では楽天トラベルを使っていました。

検索サイトで、旅行先の安宿の料金の目安

の見当がつかめましたら、

後は、私基準のチェックをします。

mimiruby.muragon.com

ロケーション

空港からの距離

エアコン・ファンの有無

個室であることの確認です。

 [3]旅行先国の出国航空券を所持していること

フライトチェックインの時、

入国の際、当該国のイミグレがチェックする

からという理由で、そういう航空券を保持

していなければ、航空会社側がその乗客を

搭乗させない、乗りたければ、航空券購入

を迫る(ノーマル運賃になることも・・・)

という信じられない事態もあります。

E-Ticketの画面をスマホで出しておくこと、

あるいは、航空券のコピーを紙でとって

おくことが必要です。

私の経験でいいますと、

成田からマレーシア行の飛行機に乗る場合、

ペナンから、高雄(台湾)行きの飛行機に

乗る場合、高雄から、ペナン行きの飛行機

に乗る場合、チェックがありました。

チェックが無かったケース:

福岡からマレーシア行の飛行機に乗る場合。

ペナン~プーケット(往復とも)、

ペナン~メダン(往復とも)。

 「4」現地通貨の調達手段を持っておくこと

現金両替以外を考えてください。

キャッシュを持ち歩くのは危険です、

盗難・紛失。

カードが比較的安全ですが、どうしても

現金が必要な場合があります。

カードが使えないところ、

少額の場合など・・・

現金両替するには、そもそも日本から

現金を持ってきていることが前提ですが、

その現金の存在が心配になってきます。

そんな時に、カードでATMから

現地通貨で出金、調達します。

Sony銀行のDEBIT CARD

クレカ(セディナなど)のキャッシング

BigPay Debit Cardを作ること。

関連記事

mimiruby.muragon.com

 

mimiruby.muragon.com

 「5」出国前に、TransferWiseの会員登録

日本の銀行口座から現地の銀行口座に

送金可能にしておく。

現地でクレカや現金で処理できない

支払いが発生した場合。

現地で借りる場合の家賃送金にも使えます。

transferwise.com

関連記事

mimiruby.muragon.com

「6」日本の銀行口座にユーロ口座を開いておくこと

グローブパートナーの海外旅行保険契約の場合、

キャッシュレス以外の通院治療の返戻金

受け取りに、手数料無料で送金が受け取れます。

関連記事

mimiruby.muragon.com

 「7」スマホは大事

日本のスマホをSIMフリーで使えるようにする、

または、現地で使えるスマホを入手しましょう。

Grab(配車アプリ)が使えます、

Google Map道案内が使えます、

そのほかのいろいろなアプリを使うと便利です、

カメラ機能が使えます。

関連記事

mimiruby.muragon.com

パケ死を防ぐことも、大事です。

mimiruby.muragon.com

 「8」長袖のカーディガンの携行が必須

防寒のため。

南国で何故?とおもわれるかもしれませんが、

飛行場、LCC機内は、大変寒いです。

ペナンのバスの車内も結構寒いです。

 [9]薬・病院・歯医者、海外旅行保険

日本で慢性疾患で薬を処方してもらって

服用されている方には、タイや

インドネシアなどの薬局で、大変、

お安く買えますので、旅行の際、沢山、

買っておかれると、お得です。

私(通風、高血圧)の場合は、タイの

プーケットで1回購入するときに

200日分買っています。

年に一回、ペナンの私立総合病院で、

血液・尿検査と医師の診察を

受けています。

検査結果をみて、タイで購入した

服用薬の分量指示などを受けています。

関連記事

mimiruby.muragon.com

歯医者さんは、日本と比べても、

ペナンは高水準、昔住んでいた

西オーストラリアも高水準です。

ベトナムも良さそうです。

あまり、心配されることはありません。

関連記事

mimiruby.muragon.com

海外旅行保険はクレカの付帯保険でなく、

グローバルパートナーで掛けていますが、

こちらは、保険料が日本の保険会社の

ものと比べてお安いですが、

補償額上限は、かなり高額です。

虫歯治療も補償されます。

ただ、請求は面倒です。

英語交渉力が必要になります。

日本人窓口の方は請求交渉には、

没交渉でした。(私の場合)

関連記事

mimiruby.muragon.com

mimiruby.muragon.com

若いころの旅行の感動を覚えることは、

少なくなりましたが、旅の折々に、

昔の思い出に浸れたり、ペナンの生活を

思い出したりして、ほとんど

ノスタルジーの世界です。

 

*******

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
この記事が面白い、と思われた方は、日本ブログ村の
バナーをクリック頂けると幸いです。
皆様の貴重な1クリックがポイントに
なり、日本ブログ村のブログランキングでの露出拡大
につながります。

*******