ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。

ラクサが美味しくなってきた!KAFE「第三代」

f:id:mimiruby:20190906151718j:plain

「un goût de revenez-y」

ラクサの味が、妙に後をひいて、懐かしく、

また、やってきました。

5月16日にオープンしたKafe「第三代」に

やってきました、これが4度目。

mimiruby.muragon.com

お店は、GS White Beach沙灘小館の隣です。

私が西オーストラリアでよく食べていたのは、

カレーラクサ、あれは美味しかったけど、

あの味とペナンのラクサ、アッサムラクサは

全く別物です。

このお店のイチオシ!のラクサは、

Laksa Istimewa、

f:id:mimiruby:20190906152303j:plain

マレー語で、特別なラクサという意味です。

このお店、これ、1種類だけです。

いただきました。

なかなか、美味しいです。

だんだん、美味しくなってきました。

パリにいた頃、学食で出されたクスクスを

いやいやながら食べだして、

だんだん、病みつきになってくような

感じがしてきました・・・

私、ペナン島に来てから4店でラクサを

食べた経験しかありませんが、

その中では、ここが1番です。

マレーシアご飯(大感謝!)に、

アッサムラクサの事が、紹介

されています。

(以下引用)

サバやアジなど青魚の身をミキサーで豪快に

ジュースにし、そのままスープに使った麺料理。

スープというより、かみかみしたくなるくらい

食感のある魚汁です。

アッサムというのは酸味のことで、ドライ

フルーツAsam Gelugor(アッサム・
グルーゴ
or アッサム・クピン)によるもの。

そこに唐辛子のピリリとした辛さがプラス

され、魚・酸・辛が一体となった、なんとも

表現しがたい、複雑で奥深い味です。

南仏マルセイユのブイヤベース、

プロヴァンス風魚のスープ(ペナン

では、Two Frenchies Bistro&Café

にあります)、などの魚のスープが

有名ですが、

私の故郷の宮崎にも「冷や汁」と

いう料理:焼きアジの身をほぐし、

田舎味噌と合わせて焼いて、それを

アジの皮と骨で取っただしでのばして

作る、私の大好きな料理があります。

魚好きの人は、味付けは違っても、

同じような

ことを考えるものだと思っています。

Kafe「第三代」には、アルコールは

ありません、

外出に携行している水筒の麦茶を

飲みました。

Lo Bak 1個2.5RM(=66円)

f:id:mimiruby:20190906152349j:plain

ラクサ 5RM(=132円)

お勘定は7.5RM(=198円)でした。

昔の浅野温子さん似のマダムは健在です。

f:id:mimiruby:20190906152443j:plain

バス停まで歩いて、

バス101でガーニーパラゴンへ。

D.I.Y.(6階)で買い物

ゴミ袋(60袋)5.5RM(=145円)

Jaya Grocer(地下階)で買い物

Tiger 缶ビール(330cc)24缶 

134.99RM(=3,577円)

豚細切肉1パック(196g)5.86RM(=155円)

キャベツ1/2個2.45RM(=64円)

からし菜1袋(2把) 1.9RM(=50円)

カボチャ1/2個 2.45RM(=64円)

オクラ1袋 2.74RM(=72円)

絹ごし充填豆腐1丁 1.1RM(=29円)

 交通手段

コンド前のバス停からバス101で7分、

Premier Centreで下車、徒歩1分。

片道1.4リンギット。

ガーニーパラゴン迄、バス101で3分、

1.4リンギット。

ガーニーパラゴンからコンドまで、

Grabで5分、6リンギット。

*******

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
この記事が面白いと思われた方は、にほんブログ村の
バナーをクリック頂けると幸いです。
皆様の貴重な1クリックがポイントになり、
ブログランキングでの露出拡大につながります。

*******