ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。

ペナンで自炊のすすめ、コストはKafe(食堂)並み?

f:id:mimiruby:20190913214821j:plain

ペナンでは、外食もお安いですが、

食材もお安いです。

ペナンでは、お肉、野菜、海老、アサリ

などがお安いです。

食材で高い!と思ったものは、牛乳、

トマト缶、ソーセージです。

私のブログの中の、市場・買物というタグや、

生活費関連というタグの記事を見て頂ければ、

わかります。

mimiruby.muragon.com

料理をするのは私の楽しみのひとつです。

自己満足の世界になってしまいますが、

料理の味加減は、自分の舌次第、というか、

今までの食事体験によるのではないかと・・・

料理をして、それを食べますと、今まで

人生の中の食に関する思い出が確認できて、

いっそう味わい深くなるし、歳をとっていく

のも良いものだなんて、考えたりします。

と同時に、節約も兼ねて、です。

目標はKAFE(食堂)並みのコストです。

私は、ホーカーの汚さが苦手で、せいぜい、

Kafe(食堂)までが許容範囲です。

ガス代(月9リンギットくらいで無視)や、

細々した調味料代を除けば、

私の作る主な料理のコストは

一人前3~5.5リンギット(=79円~145円)です。

f:id:mimiruby:20190913221545j:plain

大好きなシュークルートだけは、この予算を

オーバーしていますが、これは、食材(特に

ソーセージ)が高いのですね・・・

レバニラ炒めは、1リンギットしません。

鶏レバーは、鶏肉を買う時に、無料で

おまけしてもらっています。

簡単な、魚のムニエル、豚肉の生姜焼き、

しゃぶしゃぶ、揚げ物などは、

今回の表では省いています。

そういったお料理は、ほとんど、お肉、

お魚だけのコストです。

一回で食べきれない場合は、冷凍して、

後日、やる気のない時に、解凍調理して、

食べています。

これは、炊いたご飯も同じです。

お米はペナンで調達できるものでは、

一種類だけ美味しく食べられるものを

見つけています。

mimiruby.muragon.com

ペナンの「明治屋」で発見した

「こしひかり」です。

お値段は、1袋2Kg:26.3RM(=696円)です

ので、日本と比べても、高くはありません。

 私の簡単レシピ関連記事

クスクス、棒棒鶏、茹で鶏

シュークルート

ラタトイユ

パエリャ

清蒸魚

中国お粥

今日の朝食は、純和食のメニューで、

オクラ大根、冷奴、カボチャ煮付け、

豚肉キャベツみそ炒めをいただきました。

f:id:mimiruby:20190913221331j:plain

昼食は「清蒸魚」、

夕食は「レバニラ炒め」、

でイエナカご飯でしたので、

明日は外食に出ましょう・・・

 *******

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
この記事が面白いと思われた方は、にほんブログ村の
バナーをクリック頂けると幸いです。
皆様の貴重な1クリックがポイントになり、
ブログランキングでの露出拡大につながります。

*******