ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。

パリを思い出させるペナンのレバノンレストラン

f:id:mimiruby:20190914155746j:plain

今日も雨、涼しいです。

ざるそば、稲荷ずしの雰囲気(「すみ田」)では

なく、ガッツリ、肉食系、洋食モードで、昨年

行ったレバノン料理レストランに行きました。

ビールの飲めるインド料理屋さんの隣です。

中東料理の中でもっとも洗練されている

レバノン料理は、ラム肉だけではなく、

豆類や野菜がふんだんに使われていること

でも有名、凄くヘルシーです。

トルコ料理も似ています、中東料理って、

実は、野菜が美味しいんです。

特にローストした野菜は、フランス料理の

焼いて煮込んだ、ラタトイユのような感じ。

パリにも沢山、レバノンレストランはあり、

クスクス料理のモロッコレストランや

エジプトレストランほどではありません

が、よくいきました。

ペナンのレストランはハラルレストラン

でアルコールは置いていません、が、

持ち込み可ですので(電話で確認済)

ワインを持っていきました。

ワインは、先日、ガーニーパラゴン地下

Jaya のワイン売場で買っていた(7月)

ワインの中のチリワイン(赤)

Santa Caroloina MERLOT(2016)。

ワインの栓はコルクでした・・・・

お店の人が丁寧に開けてくれます。

f:id:mimiruby:20190914161123j:plain

お店の雰囲気は良いです、

内装も奇麗、冷房、勿論あり。

屋内の席にしました。

f:id:mimiruby:20190914161025j:plain

前菜に、フムス 13RM(=344円) 

ひよこ豆、ニンニク、ごまをひいたものを

ごま油(TAHI)で練ったペースト、

ピタパンが何枚もついています。

f:id:mimiruby:20190914161226j:plain

ワインと一緒にいただくと、格別、美味しいです。

このワインも結構いけます。

(Winn Cafeで開けたオーストラリアワインも)

ラムのシシケバブ(34RM=901円)、

f:id:mimiruby:20190914161312j:plain

今日は、これが目的でした!

美味しい!

プーケットのスカスカのケバブとは大違い。

東京、赤坂「モティ」や新川のインド料理屋さんの

シズルしているものとは、違いますが、紛れもない

ラム肉のシシケバブです。

ただ、ソースがちょっと残念。

これは、緑色のミント(orバジル)ソース、

ガーリックパセリのソースにしてもらいたかった・・・

付け合わせのフライドポテトは

カリっと揚がっていて美味しいです。

付け合わせの生野菜サラダについている

マヨネーズは、ニンニクすりおろしが

混ざっています。

ちょっと、ブイヤベースのアイオリみたい・・・

ミネラルウオーター(小)3RM(=79円)

お勘定は、サービス料10%、SST6%が

ついて、58RM(=1,537円)でした。

 *******

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
この記事が面白いと思われた方は、にほんブログ村の
バナーをクリック頂けると幸いです。
皆様の貴重な1クリックがポイントになり、
ブログランキングでの露出拡大につながります。

*******