ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。

アイルランドの「肉じゃが」をストレイキーでいただきます。

f:id:mimiruby:20190920161907j:plain

今日は早朝から、かなり雨が降り、温度は下がり、

ヘイズの曇りも少しおさまりました。

ストレイキー(Straits Quay)は、南仏の

ヨットハーバーの香り漂う、素敵なところです。

ちょっとペナンとは思えない雰囲気。

ストレイキーのモールの1階にあります。

Healy Mac's Irish Bar & Restaurant

Straits Quay (3A-G-9 Jalan Seri Tanjung Pinang)

入口は、フツーのパブレストランですが、

ここが良いのは、ずーっと奥に入っていくと、

ヨットハーバーのすぐそばのテラステーブル

席があることです。

同じモールにあるアメリカンNOMIYAと同じ。

f:id:mimiruby:20190920162146j:plain

今日は、お昼の定食セットのラムシチューを注文。

いつものように、ギネス生ビール1パイントを

頼んでいます。

f:id:mimiruby:20190920162317j:plain

前菜のスープはマッシュルームスープ、

なかなか美味しいです。

f:id:mimiruby:20190920162455j:plain

アイリッシュシチューはアイルランド郷土料理です。

羊肉マトンの風味に良く合う料理とされ、角切りの

マトン、輪切りの玉ねぎ、じゃがいも、ニンジンが

一般的な具材として使われます。

マトンの代わりに牛肉やラムも代用されます、

アイルランドの「肉じゃが」です。

ちょっと期待外れ、フツーのお味でした。

デザートはアイスクリーム。

f:id:mimiruby:20190920162629j:plain

これも普通。

今日のお勘定はランチセットが27RM(=715円)、

ギネスビール1パイントが24RM(=636円)、

合計にサービス料10%、SST6%がついて、

RM59.15(=1,567円)でした。

昔の思い出

パリで働いていた頃、1994年5月にニースで

開催されるアジア開発銀行の年次総会の

アテンド準備・下見のため、その年の4月に、

秘書と2人で出張した時のことです。

ニースから海岸づたいに、東にクルマで30分、

フェラ岬のホテルに来たことがあります。

グランドホテル・ド・カップフェラは、

1908年創業、「古き良き時代」の最も

素晴らしい待ち合わせ場所の一つとして、

お金持ちや有名人に愛されてきたホテル。

14エーカーの広大な敷地には、芝生が

敷き詰められた一帯、そのままの自然の

景観を生かしたところなど、至る所に

南洋の樹木や、この地方固有の草花が

咲き誇っています。

落ち葉、ゴミの類は、毎日、何度も

掃除されていて、綺麗に片付けられ

ています。

プールは、ホテルのレストラン、

テラスの高さから50メートルほど

下がった海にせりだした斜面を

横に切って、水平なところに

作られています。

ちょっと見ると、プールから

溢れていく水が、そのまま、海に

流れ落ちていくような、騙し絵を

見ているような錯覚に陥ります。

今でいうInfinity poolを断崖絶壁の

ホテルに作りこんだようなものです。

カップフェラのホテルでは、ホテル

の庭からこのプールのところまで、

香港島のビクトリアピークの

ケーブルカーのミニチュア版とでも

いうような、可愛らしい4人乗りの

ケーブルカーが動いています。

このホテルの屋外のテラスで食事を

したり、ティータイムを過ごします。

ここの空気を呼吸し、遠くに地中海

を眺めます。

プール脇の真っ白な長椅子に

寝そべって、日光浴をします。

冷たい飲み物をいただきます。

彼方に蒼い空。

この世の贅沢です。

このホテルのレストランも

ミシュランの星付きです。

このホテルが以前、日本の石亭ホテル

に買収されていたことがあるのを、

後年、知って驚きました・・・

私の学生時代からの友人が、パリから

東京に移住してきて、歯科医と結婚、

テレビCMのアテレコのバイトを

やっていた時の事です。

彼女が、笑い話で話してくれました。

石亭ホテルのテレビCM撮影の際、

フランス語のセリフを言う場面では、

代理店に散々、「もっと、甘く、もっと

甘く喋って下さい・・」言われた・・・

甘いささやき(中村晃子 細川俊之):

日本語バージョン↓

www.youtube.com

この曲、改めて聴いてみると、細川俊之の

甘い声が素敵で痺れました・・・

アラン・ドロンのフランス語より凄い!

大好きな、アラン・ドロンとダリダのパローレです。↓

www.youtube.com

是非、聴き比べてみて下さい。

フランス人が、テレビCMのアテレコの際、

広告代理店の人に

「もっと、甘く喋って・・・」と

何度も言われていたのが、納得です。

日本のこんな美声の人と比べられては・・・

このフェラ岬の下、ヨットハーバー近くに、

素敵なレストラン「ラ・ヴォワル・ドール」

がありました。

f:id:mimiruby:20190920163805j:plain

今は、ホテルになっているようです。

コートダジュールといっても、ニース、

カンヌあたりでは、パリの延長線上に

あり、あまり日常を離れたリゾート

とは、言えません。

本当の贅沢を感じるのは、フェラ岬や

アンティーブ岬なんです。

ペナンで、このヨットハーバーの感じ、

ちょっとだけ味わえる場所があります。

それが、ストレイキーです。

 今日の買い物:K Market

マッコリ(750ml)6本 15RM x 6

=90RM(=2,385円)

交通手段:

コンド前の道路を渡ってBalai Bomba

(消防署前)のバス停からバス102で7分、

1.4リンギット。

帰りは、ストレイキーモールから、

Grabでコンドまで5分、6リンギット。