ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。

美味しいランサー(果物)の発見!とペナンのフレンチビストロのブランチ

f:id:mimiruby:20190927165730j:plain

インド人街のミニバンの果物屋さんで

ランサー1kg4RM(=106円) 購入。

ランサーはマレー語で Langsat 、さっぱりした甘さ、

少しゼリーのような、弾力のある食感です。

食べだすと、止まらない・・・

f:id:mimiruby:20190927165840j:plain

ちょっと、あと引き、癖になる味です。

季節的には、マレーシアで、9月頃から

年末年始の雨季の頃に食べられます。

ランサーとロンガンは、似ていますが、

違いは、ロンガンはランサーよりも暗め

の茶色で、中の果肉はブドウのように

1つで種も黒く丸い形のところです。

ランサーはじゃがいものような

明るめの茶色。

果肉はみかんやマンゴスチンのように

5〜7個に分かれていて、

種は細長い緑色です。

お値段は、Gama Super Marketで買う

ロンガンより随分、安かった・・・

今日のブランチは、

久しぶりのフレンチビストロ。

お店は結構混んでいます。

f:id:mimiruby:20190927170355j:plain

Two Frenchies Cafe Bistro

36, Lebuh Bishop, George Town, 10200

ブランチなら、ボリュームのない

ランチセットでも許容範囲です。

今日は、ランチセットの中から、

f:id:mimiruby:20190927170252j:plain

Daube(ポークシチュー、ピラフ添え)

というのをオーダーしました。

前菜はサラダ↓

 f:id:mimiruby:20190927170505j:plain

失敗、このお店では、スープにすべきでした、

忘れていました。

主菜:

Dauneと言うのは、プロヴァンス風田舎

煮込み料理、家庭料理で、牛肉の白ワイン・

トマト煮ですが、

f:id:mimiruby:20190927170620j:plain

こちらのお店では、豚肉で作っていました。

予算の関係?

料理自体は、肩肉やもも肉を前日からマリネし、

お肉が柔らくなるまで煮込むので、

お肉はホロホロ。

量は少ないと思いましたが、ピラフと食べれば

まずまずのボリュームです。

お味は、ちょっと、塩味が効きすぎの感も

ありましたが、まぁ、久しぶりのフレンチで

美味しいです。

デザート

f:id:mimiruby:20190927170725j:plain

小さなチョコレートアイスクリーム。

以前のガラス瓶で出されるプディングより

見た目は良くなりました。

お味は普通。

お勘定は、

セットランチ25RM(=662円)、

フランスのビールKronenbourg

1664、1パイント:24RM(=636円)、

合計にサービス料10%、SST6%がついて、

58RM(=1,537円)でした。

リトルインディアの買い物

ビストロ向かいのプリント屋さんでUSBから

PDFプリント、白黒(A4)23枚:2.3RM(=60円)

インド料理の露店

ベジタブルサモサ2個1.2RM(=31円)

チキンサモサ2個2.4RM(=63円)

ツナサモサ2個2.4RM(=63円)

交通手段

往復バスで。

行き:

コンドの前のバス停からバス101でリトルインディアまで、

片道22分、2リンギット。

バス停から、レストランまで徒歩7分。