ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。

肉食の夜@アカマル酒場(川崎)

f:id:mimiruby:20191022121859j:plain

川崎のアカマル酒場

川崎市川崎区砂子2-3-10丸谷ビル1F

焼き鳥を5本ほど(鶏レバー、豚ハラミ、鶏ねぎま、

鶏ネギレバ、鶏ねぎま)620円、

f:id:mimiruby:20191022122726j:plain

f:id:mimiruby:20191022122819j:plain

備長炭で丁寧に焼き上げています。

焼き鳥を串から喰いとる野趣豊かな食べ方では、

肉汁が口の中に広がり、焼き串料理特有の食感と

香ばしさが味わえます。

タン厚切り炙り(香の物つき)、680円

黒モツ煮 480円、

焼きおにぎり(香の物つき)150円

をいただきました。

飲み物は、

樽生ビールジョッキ480円+

アサヒビール大瓶590円。

今まで生きてきた中で、一番美味しい炙りタン、

f:id:mimiruby:20191022122920j:plain

切り口は、ピンク色でレア、

ロンドンのローストビーフではありませんが、

蕩ける味わい、柔らかくて、非常に美味です。

美味しーい、旅行の際中に、

こういったお料理に出会うなんて、

人生は素晴らしいと思えてきます。

ところが、まだ続きがありました。

黒モツ煮

f:id:mimiruby:20191022123009j:plain

フランス料理のトリップアラモードというモツ煮料理、

イタリア料理のトリッパというモツ煮料理は、

いずれも、トマトソース、野菜、白ワインがベースの

お料理ですが、このお店の黒モツ煮は凄いです!

黒胡椒が味噌に溶け込んで、黒胡椒の香り・刺激が

馥郁というか、ちょっと不思議にも、フランス料理の

エスカルゴバターガーリック焼きのガーリックパセリ

ソースにも似た味わい、です。

普通の日本のモツ煮は、茶色の味噌煮ですが、

こちらのお店の黒モツ煮は、見た目、真っ黒、

上に白髪ねぎがのせてあり、

白髪ねぎのシャキシャキとした食感が

黒胡椒味噌ソースのモツを引き立てています。

このソースが美味しくて、焼きおにぎりを

f:id:mimiruby:20191022123700j:plain

焼きおにぎり、少し食べてしまって、写真をとりました

食べながら、レンゲで掬って完食しました。

この美味しさは、

炙りタンの美味しさを更に凌いでいます。

お勘定は3,476円でした。

皆さん、騙されたと思って、東京にいらっしゃる

用事のある方は、川崎まで足を運んで、

アカマル酒場で、この2品を食べてみて下さい。

ご納得いただけます。

私はパリに最後に駐在した時、4年間毎週末、

ご接待でミシュランの星3つか2つ、ついた

レストランで400回以上食事しています。

その私が請け合います、

このお店のこのお料理は、絶対のお薦めです。

お魚は、今回トライしていませんが、

次回は友人を誘って、もっとトライしたいと

思っています。

川崎にお住いの方は幸せですね・・・。

これだけのお店が身近にあります。

川崎に来る意味が増え増した。

これから1年後ですが、楽しみにできます。

このお店は、来年10月に是非とも再訪します。