ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。

ペナン最後の外食はGS White Beach沙灘小館の絶品中華!

f:id:mimiruby:20191110215754j:plain

日曜日の夜、GS White Beach沙灘小館で

大満足の夕食でした・・・。

今日は、Deep Fried Soft Shell Crabをビールで、

お値段は時価とありましたが、24RM(=636円)、

大紅脆皮鶏22RM(=583円)と白飯1.2RM(=31円 )

を持ち込みの赤ワインでいただきました。

持ち込み料無料。

プーアールティー1.2RM(=31円)は、

いつもどおり。

ワインが残っていますので、追加で

海皇炒飯7RM(=185円)を注文しました。

f:id:mimiruby:20191110220636j:plain

明日からランカウイ島・リペ島への旅行ですので、

ペナン島最後の夕食は、外食、

ちょっと豪勢な食事になりました。

Deep Fried Soft Shell Crab

f:id:mimiruby:20191110215850j:plain

お値段相応、普通に美味しいです。量が少ない!

大紅脆皮鶏

f:id:mimiruby:20191110215950j:plain

これは凄いです!

お味は、ロンドンの中華料理屋さんの

Aroma Crispy Duck*に匹敵!

Aroma Crispy Duck*いわゆる北京ダックですが、

ロンドンの中華では、

ロースト鴨の皮も肉も食べます。

ロンドン駐在時は、マドックスストリートの

「HOHO」、フルハムロードの「Magic Dragon」、

カジノパームビーチ近くの「Empress Garden」で

よく食べていたAroma Crispy Duckですが、

これが、他の国では、

なかなかお目にかかれず、バリ島ウブドで

ちょっと似かよったものを見ただけ・・・

駐在していたパリにも、西オーストラリアにも

ありませんでした。

北京ダックや、普通のローストダックは

ありました。

何はともあれ、皮はパリパリ、お肉は絶妙に

ジューシー(鴨ほどの濃厚さはありませんが)、

食べていると、この世の幸せを感じます。

お勘定は、全部合わせて、64.2RM(=1,701円)

これだけ美味しいお料理を、

このお値段で出しているところは、昨年5月に

ペナンに来て以来、このお店だけです。

私の個人的な意見です。

フィリピンの美味しい鶏肉の思い出

100回近く旅行しています。

マニラではとにかく、鶏肉が美味しいんです。

鶏は、ブロイラーではなく、地べたを走り

回っているような鶏です。

KFCではなくて、ローカルのお店がお薦め。

Max’sや、The Singing Cooks & Waiters

(キッチンスタッフが歌うレストランと

して有名)のフライドチキンが絶品。

美味しくて、1978年に初めてフィリピンに

行ってから、100回以上訪問しましたが、

いつも、フライドチキンを美味しい、

美味しい、と言って食べ続けていました。

私は、1食で、丸々1羽分、食べれます。

2017年12月にマニラに行ったときです。

泊まりはAirbnb、近くのショッピング

センターに入っている「マンイナサル」

という鶏肉グリルのお店の、

鶏肉が美味しかったのなんのって・・・

鶏肉は揚げ物だけではなかった、

焼き物も美味しい。

毎日、通いました。

ご参照ブログ記事

philippinechannel.tokyo