ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。

ランカウイ島からリぺ島への旅(1)

f:id:mimiruby:20191112201207j:plain

ランカウイ島北西部のテラガハーバー。

ホテルからGrabで30分。

ここからリペ島行きのボートが出ます。

到着したのが7時。

誰もいません、眠そうな係官が出て来て、

8時からオープンと言われます。

7時半ころになり、ぼつぼつ人が来ます。

f:id:mimiruby:20191112201413j:plain

野生の猿の一群れまで、道路に。

ボートの出発は9時半です。

タイの出入国カードを渡され、各自記入。

f:id:mimiruby:20191112201544j:plain

その後出入国カードとパスポート、

インターネットで予約したVoucherを

カウンターの係員に提出します。

預けたパスポートは、

リペ島到着後イミグレで返却されます。

近くにはガソリンスタンド傍のコンビニだけ。

定刻にランカウイを出発。

ボートの乗客は、今日は、33人。

f:id:mimiruby:20191112202414j:plain

リぺ島直前、小舟に乗り換えました。

ここは島の南側パタヤビーチです。

小舟から降りて、浮島、

その後は、浜辺に直接入ります。

ビーサンと短パンが必須です。

上陸したら入国審査の建物へ向かいます。

 

 

 

 

現地の船会社のスタッフが拡声器で誘導

してくれますし、皆同じ方向に向かう

のでわかります。

その建物の中でしばらく待っていると、

まず、帰りの切符を持っている人?、

と聞かれ、手をあげますと、

Voucherの確認がされます。

その後、全員に預けたパスポートを

返してくれます。

名前と「Japanese」と国籍も一緒に

読み上げてくれます。

パスポートを返してもらうと

入国審査の窓口で入国審査を

するように誘導されます。

入国審査は、4本指(右・左)の指紋

検査後、パスポートにスタンプを

押してもらうだけで終了。

そこには係員がいて、リペ島国立公園の

管理費、1人20バーツ徴収されます。

(5日間有効)

リぺ島のタクシーは、Tuktuk、

f:id:mimiruby:20191112202230j:plain

全島内均一料金50バーツです。

プーケット島の1/4です、嬉しい!

リペ島には主に

「パタヤビーチ」、

「サンライズビーチ」

「サンセットビーチ」の3つビーチがあります。

そしてパタヤビーチエリアにはこの島一番の

繁華街、「ウォーキングストリート」があります。

お食事やお買い物には便利なエリアです。

サンセットビーチエリアはホテルやレストランが

数件しかなくさびしいエリア、

そこにあるバンガローがRaya Resort、

私の予約したところです。(続く)