ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。

リペ島からランカウイ島、そしてペナンへ(旅ロジ)

f:id:mimiruby:20191116004449j:plain

リペ島のハーバーでは、8:00からチェックイン。

一旦パスポートは預かり、8:30から返却されます。

そのパスポートを持って、

イミグレへ、出国手続き。

9:30には、ボートの受付に戻るように言われます。

ハーバーには、Café de Lipeがあります。

f:id:mimiruby:20191116004650j:plain

パリのCafé de la Paixのもじりにも思えます。

ビール100バーツ、

リンギット支払いでは16RM、髙ーい。

今朝は、潮のせいか、浮島桟橋が、浜辺に

乗り上げています。

f:id:mimiruby:20191116004805j:plain

リペ島到着の際は、この浮島桟橋が海上に

浮いていて、陸地に降り立つときは、

海ポチャでした。

荷物は、乗客が浜辺に並べ、

f:id:mimiruby:20191116004925j:plain

船会社の人が人力で小舟~スピードボートまで

f:id:mimiruby:20191116005014j:plain

運んでくれます。

これが運賃に入っているサービスって、

素晴らしいです。

乗客は皆、大助かりです。

バランスの危ない浮島や小舟からスピード

ボートへの移動に大きな荷物では危険です・・・

ランカウイ島の船着場テラガハーバーからは、

Grabでクルマを呼んで、

クルマはすぐきました。

空港まで15分、13リンギット(=)

予約した飛行機出発時刻まで、

時間がありすぎました。

あまりに順調にいったため・・・

空港には、大したレストランはありません。

食べたのは、これ↓

f:id:mimiruby:20191116005156j:plain

15.9リンギット(=421円)

別のBARでビール2本32リンギット

x1.1=35.4RM(=938円)

免税と言うのに、空港ではお安くないです。

免税店でも、私基準でめぼしいお酒で安いのは

ありません。

私基準は、チャンギ空港、高雄の空港くらい。

www.mimiruby.site

ランカウイの免税プチ情報

ランカウイ空港では、フランスの食前酒PERNOD、

RICCARD(45%)の750CC瓶が78RM(=2,067円)で

した。フランスでは良く飲んでいました・・・

日本では、楽天市場などで、700cc瓶が

1,600円くらいで買えます。

これは、と思って買おうとしましたら、

「ランカウイに2泊していないと、免税品は、

税関吏が見つけると、通常の酒税

(100%以上?)が徴収される」とお店の人が

真顔で言うので、結局、買うのをやめました。

ランカウイ空港は、免税品売り場は手荷物

検査場の前にあります。(空港ロビー)

手荷物検査場の後は、待合室と小物売り場だけ。

待合室には、ユニバーサルコンセント口、

スマホの充電用USB口が幾つか付いた柱が

あります。

f:id:mimiruby:20191116005941j:plain

ペナン空港到着後、タンジュンブンガのコンドまで

Grabで1時間以上、40RM(=1,060円)。

今日は雨、ラッシュアワーで普段(25RMくらい)

より高かったです。