ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

私の原点、昔の旅行スタイル

f:id:mimiruby:20191208010936j:plain

大昔のお話です。(1976年夏)

当時は、インターネットはありません。

カルチェラタンの学生相手の旅行会社に

行き、パリからブリンディッシ(イタリア

半島の長靴のかかとの部分に位置する港町、

ギリシア行きのフェリーの発着港)までの

往復(二等)・各駅停車可・2か月有効の

B.I.G.E.という鉄道切符を購入しました。

f:id:mimiruby:20191208005856j:plain

この切符で、イタリア南までの都市を

途中下車して、旅行しようと考えたのです。

billet individuel de groupe étudiant

学生団体チケットの個人バラ売り切符?

料金はちょっと忘れてしまいましたが、

凄く安かったです。

この旅行方法は、帰国後、会社勤めで

インバウンドの仕事をしていた時に使って、

フランスの旅行会社に売り、成功しました。

フランスからの日本行きの格安ツアーで

募集人員未満でも(団体旅行でなくても)

個人旅行ベースで安く、日本の地上費用を

上げる方法として、この鉄道切符(普通・

自由席)を使って、途中下車していく方式

(日本国内)を使いました。

学生時代の私がパリからイタリアに、

実際に途中下車していったルートは、

パリ➡ジェノバ➡→フィレンツェ➡ローマ

➡ナポリ➡ブリンディッシ

f:id:mimiruby:20191208005550j:plain

 (ここで、別途、フェリーの切符を購入、

ピレウス→アテネ→ピレウスはフェリー)

ブリンディッシ➡ボローニャ➡ヴェニス

➡トリエステ→パリ

トリエステ⇔リエカ(当時のユーゴ

スラヴィア)は、バス移動。

この旅行は楽しかった思い出ばかりです・・・

列車移動の際の、各国の若者たちとの

他愛もない会話。

ユースホステルやペンションでは、誰かが

旅行中エピソードをしゃべり始めると、

際限もなく、会話は続きました。

いったい、皆、何語で話していたのか

不思議に分かり合えていました。

ナポリでは、市場の中に入っていき

(今でも市場は大好き!)、

粗末なかまどで焼いたピザを食べ

(美味しい!)、カプリ島に渡り、

グロッタアズーロ(青の洞窟)にも

入りました。

ナポリからアマルフィ、ソレントに

向かう乗り合いバスは、断崖絶壁を

縫うように走り、極限のスリルを

味わいました。

狭い道幅、カーブの続く道路で、

バスが道や崖からはみ出すよう

になる時もあります、

それこそ「命あっての物種」でした。

ブリンディッシからピレウスへのフェリー。

出航前、切符を買う時、あれほど念を

押していたのに、乗ってみると私に

あてがわれた場所は、船中ではなく、

甲板の上でした。

f:id:mimiruby:20191208005651j:plain

真夏とはいえ、地中海の真夜中、甲板を

吹く潮風はあくまで冷たく、凍えるような

寒さを覚えました。

甲板に集められていた安運賃の若者達は皆、

寝袋持参で、パリから2か月ほどの旅行

予定で手ぶらに近い軽装は私だけ、私は

富士登山に軽装で行く無謀な旅行者の

ようでした。

アテネのユースホステルの屋上で泊まった

時は、(アテネは夏まったく雨が降りません、

屋上を安く開放しています)

全然寒くありませんでした

だけど、地中海の上は、陸地と違って、

寒かった・・・

学生時代の貧乏旅行ではいろいろな

経験をしました。

アムスのスリープイン、マドリッドの

ペンションアマデオ(日本人バック

パッカーの定宿)、リエカの島などの

思い出が、ペナンからの東南アジア

諸国への旅行をしていると、

様々に心に浮かんで来ます。