ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

海外在住の場合の年金受給について、ペナンの場合

f:id:mimiruby:20200123101215j:plain

日本出国前に、住所変更届、
ペナン到着後に、在留届が必須です。
日本年金機構
海外に居住して年金を受け取る場合は、
年1回「現況届」の提出が必要です。
現況届の提出には、在外公館の証明、

f:id:mimiruby:20200123101926p:plain

「在留証明」が必要です。

f:id:mimiruby:20200123101957p:plain

f:id:mimiruby:20200123102020p:plain

この2つの書類を毎年、日本の年金機構に
送っています。
在留証明をいただくには、在留届を
出しておくことが必要です。
マレーシア入国後、
在留届は2018年5月にインターネットから
オンライン在留届(ORRネット)を出しました。
これで、在留証明は簡単にいただけます。
パスポート、賃貸契約書が必要です

フランス年金
「存命証明」の書式がフランスから、
海外の住所に年2回、送られて来ます。
この書式に在外公館の証明が必要です
東京の場合は、広尾のフランス領事館、
ペナンには、フランス領事館がないため、
在ペナンフランス名誉総領事に証明を
していただいています。
そもそも、海外の住所変更の場合、
住所変更届が必要です。
東京➡横浜に引っ越しした時は、
住民票にフランス語法定翻訳を添付して
送りました。
横浜➡ペナンの場合は、日本の住民票に
あたるものが不明なので、
出国前に、自分で住所変更届の手紙を
書いて送りました。
フランス側に受理されなかったか、
郵便事情が悪かったのか、ペナン到着後、
日本の住所(横浜➡妻の住所に転送)に
フランスの存命証明の書式は送られて
きました、
こんな時のため、万一のため、
出国前に日本郵便の転居・転送サービス

www.post.japanpost.jp


手続きしておくことは必要です。
その存命証明の書式に証明を頂く際に、
在ペナンフランス名誉総領事に
住所変更届に一筆、添書していただいて、
フランスに送りました。
これは、無事フランス側に受理されて
います。
フランス語法定翻訳は不要でした!
名誉総領事は気さくな方で、

f:id:mimiruby:20200123102518j:plain

一面識もない私に電話1本で、
ジョージタウン(アリアンスフランセーズ)
でのアポOKをしてくださり、
「存命証明」の他、
私の住所変更届に添書までいただきました。
大感謝!!