ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

プチ海外移住について思う事 、67歳の誕生日に思う事

f:id:mimiruby:20200127033532j:plain

Windows95が出現して、世間にインターネット

が広まった時、私はその時、既に42歳でした。

ちょうどパリ駐在から日本に帰国して、次の

フリーマントル駐在に出るまでの1年間、

東京生活では、インターネットに溺れました。

それまでの42年間の人生は、インターネット

なしで、書物による知識吸収・情報収集と

実体験でした。

その経験から今でも、実体験はネット情報

より何より重要と思っています。

ブログやSNSに年月や価格などの数字が

入っていますと、安心します。

それが無いと、絵葉書を見せられている

ような感じに陥ってしまいます。

具体的な数字無しで、「おすすめ」と

書かれていても、いつの話? 何が?

どこが?って 思ってしまいます。

こういうところが、私は即物的です。

インターネットがない時代、

小田実の「何でもみてやろう」と、

五木寛之の「モスクワ愚連隊」に

感化され、1976年、異国に貧乏旅行

に旅立った世代です。

紆余曲折を経て、老人には生活しにくく

なった日本を出て、現在は、ペナンを

ベースに暮らしています。          

世界の好きなところに行けるという、

日本のパスポートのおかげです。  

年金収入は限られていますので、

贅沢は出来ませんが、日本で暮らす

ことを考えれば、遥かにラクです。          

ペナンがベース基地の場合であれば、

お金の価値は、日本で暮らす場合の

3倍で、生活が楽しめます。   

www.mimiruby.site

www.mimiruby.site

    

これからの課題は、

ペナンベースの生活に加えて、

台湾・高雄ベースの年金生活確保と

ヨーロッパのどこかの街で可能な

年金生活の研究と実地検証です。