ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

ジョージフォアマンの物語

f:id:mimiruby:20200412104822j:plain

ロックダウン下、コンドの閉じこもりでテレビ、

インターネットのザッピングばかりの毎日。

Youtubeで凄い動画を観ました。

奪還~ジョージ・フォアマン45歳の挑戦~

youtu.be

58分25秒、沢木耕太郎のスポーツ

ドキュメントです。(NHK)

消されるかもしれませんが、あるうちに見てください!

気に入りましたら、

Youtubeダウンロード無料ソフト 5Kplayerで

ダウンロードしておきましょう。

www.mimiruby.site

途中で一部音声が消えているところもあります。

試合の場面で音声が消えてるところ。

コメント(大感謝!)

***

54分〜55分まで音声が途切れていますが、

ここでは以下の沢木耕太郎の語りが

流されていたと記憶しています。

〜フォアマンは必死に耐えていた。

耐えているように見えた。

…「何故アリはキンシャサで、あなたの

殺人的パンチに耐えられたのか」

私の問いに、彼はこう答えた。

「その時、アリには耐えられるだけの

理由があった。

死ぬだけの理由があったのだ」と。

…今、フォアマンにも、耐えられるだけの

理由があるに違いなかった。

第10ラウンド。

このラウンドも、今までのラウンドと

同じように始まった。

それは一瞬のことだった。

突然、モーラーの足が止まった。〜

***

38歳で現役復帰し、王座奪還を

目指していたフォアマンに対し、

あるボクシング記者が言ったらしい。

「フォアマンが王座に返り咲ける訳が

ないだろ。象が空を飛ぶようなもんだ」

しかし1994年11月5日。

この日、象は空を飛んだ。

***

この試合の3年前にも、フォアマンは

世界タイトルに挑んでいます。

イベンダー・ホリフィールドvsジョージ・フォアマン

WBA・WBC・IBFヘビー級タイトルマッチ

「box観戦記録」(大感謝!)より以下引用

blog.goo.ne.jp

***

「Battle of the Ages」世代間の戦い、

と銘打たれた

1991年のヘビー級タイトルマッチ。

当時28歳の統一王者イベンダー・

ホリフィールド選手に42歳の元王者

ジョージ・フォアマン選手に

挑んだ一戦は、ホリフィールド選手が

12回判定で勝利してタイトル初防衛に

成功した一戦でした。

1984年ロス五輪銅メダリストの

ホリフィールド選手と

1968年メキシコ五輪金メダリストの

フォアマン選手。

両者が初めてヘビー級王座を獲得したのが

フォアマン選手1973年、

ホリフィールド選手1990年。

ホリフィールド選手がヘビー級王座を

獲得する前に

マイク・タイソン選手の時代があり、

その前にはラリー・ホームズ選手の長期政権。

フォアマン選手が活躍していたのは

さらにそれ以前の時代です。

ですが、若く速い王者をピンチに追い詰める

場面を再三演出してみせたフォアマン選手の

戦いに全てのボクシングファンが胸を熱くした

素晴らしい試合でした。

***

このYoutube映像も必見です。

George Foreman vs. Michael Moorer

www.youtube.com

– Highlights

www.youtube.com