ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

エアアジアの福岡線、フライトキャンセルについての一考察

f:id:mimiruby:20200620032438j:plain

暇なので考えてみました。

キャンセルの理由1

フライトをマレーシアから日本に飛ばしても

(予約済の在留邦人だけ、たぶん)、

このコロナ禍の中、日本からマレーシアの

便に乗る人がほとんどいない、

カラで飛行機は飛ばせない、

大赤字になるから・・・

LCC航空会社は路線の機材を必ず往復で

運航させる(言い換えれば、他の路線に

振り替え運航のオペレーションが

できない)のが、格安運賃提供ができて

いる大きな理由の一つと考えます。

その点、JALやANAは、減便しても

マレーシア➡日本を飛ばせ続けている

のですから、運賃は違いますが、

それでも赤字路線でしょうが、

運行しているのはさすがです。

エアアジアで、4月25日、6月2日、7月2日の

ペナン➡クアラルンプール➡福岡の航空券を

エアアジアのサイトから検索、購入しました。

そのことごとくが、出発前(4月7日、

 5月16日、6月22日)にキャンセルに

なっています。

当時の日本➡福岡の便に乗る人は皆無

だったのでしょう・・・

この時期に、日本からマレーシアに来る

人はほとんどいなかった、

日本➡マレーシアに出国できなかった。

キャンセルの理由2

キャンセルが続いていた頃は、日本政府が、

新型コロナウイルス検疫を東京(成田or羽田 )

だけに限定、地方空港の国際線発着を

止めていた?とも考えていました。

たぶん、理由1の方が可能性は大きい、

と思います。

今予約している9月1日のエアアジア便

(ペナン➡クアラルンプール➡福岡)の

場合、その頃になれば、マレーシア

政府の邦人受入れ体制も緩やかになり、、

福岡からマレーシアに来る人も出て

来るのでは、と考え、フライト欠航

のない事を祈っています。

(追記)

ロンドン/パリのフライトは大体1時間おき

にあります。(東京/大阪のイメージ)

チェックイン済のフライトがキャンセルに

なり、カウンターに呼ばれると同じように

キャンセルされ、空港カフェの飲み物券を

渡される乗客が30人くらい、

1時間後の次の便に振り替えられます。

するとその便はほぼ満席。

ヨーロッパ域内で出張していた頃、

よくありました。

あ、航空会社が燃料油を節約したんだなー、

と思っていました。

航空会社はエールフランスや英国航空など

LCC航空会社ではありません。

こういった昔の事も思い出しました。