ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

ワンコの想い出(パリ、フリーマントル)

f:id:mimiruby:20200627013734j:plain

ワンコは、今までに何度か飼いましたが、

今でも思い出すのは、パリ時代のRIKIと

フリーマントル時代のMIMIとRUBYです。

パリにいた頃(1991年~1995年)
カバリエキングシャルル(雑種)の、

RIKI(とい名前のワンコです)を譲り受け、

4年ほど一緒に暮らしました。

RIKIは眼が大きく、愛くるしく、

連れて歩いていると、

全然見知らぬフランス人が

「可愛い!」と言って、

しゃがみこんでRIKIをなでなでする事が

頻繁にありました。

15kgくらいの重さで、クルマで外出する時は、

いつも助手席の私の足の上に寝ていました。

運転はいつも妻でした、私はヘタ。

アパルトマンから

f:id:mimiruby:20200627014551j:plain

クルマで公園に行くときは、

空気が違ってくるのか、窓から首を出して、

外気を吸って、公園に着くと、

大地を跳ね回っていました。

LE VESINETの一軒家に1年ほど住んだ時は、

f:id:mimiruby:20200627014016j:plain

RIKIには庭もあり、1日中、楽しそうでした。

f:id:mimiruby:20200627014202j:plain

クルマで8時間かかるペルゴール地方への旅行、

飛行機で一緒に旅行したビアリッツなど、

家族で旅行するときは(日本以外)、

ほとんど一緒でした。

ホテルはペット可のところを探して

泊まっていました。

やがて4年ほどたち、

日本に帰国になりました。

ベビーシッターを頼んでいた日本人女学生

(フランス語の勉強に来ていた)の方が、

私達が帰国するときに錠が移ったと言って、

RIKIを引き取ってくれました。

彼女は、パリでの勉強が終わって、

日本帰国の時に一緒に連れて帰りました。

私が後年、日本で会った時には、RIKIは

(私の事も覚えていません)もう足腰が弱く

なっており、フランス語の先生になっていた

彼女が、死ぬまで面倒を見る、と言われました。

残念ながら、写真は手許にありません。

オーストラリアにいた頃(1996年~2002年)は、

最初はペットショップでパピヨンのオス

(MIMI)を買い、

1年後、ブリーダーの方からメスの

パピヨン(RUBY)を買いました。

フリーマントルで暮らしていたところは、

会社のリゾート施設で敷地2,000坪の中の

10戸のコンドの内の一つでしたので、

庭は広大で、ワンコ達は敷地内放し飼いでした。

庭の門の下の隙間から、ときどき、路上に

出てしまう事があり、近所の方が

拾い上げてくれて、敷地内に戻してくれました。

寝る時は室内。

MIMIはちょっと猫のような性格で、

RUBYはワンコらしい人懐っこい性格で

対照的でした。

子供は半年毎に生まれました。

生まれた手の仔犬は、眼も開かない状態、

手のひらの半分くらいの

大きさでした、

成犬になっても1.6kgくらい・・・

可愛いです。

やがて5年ほどたち、妻と娘が北九州に帰る

ときにRUBYを連れて帰り、

残った私は、オーストラリアの最後の1年ほど

MIMIと他の子供たちと暮らしました。

f:id:mimiruby:20200627013914j:plain

その間、仔犬の2頭は、半年後くらいに

ペット用の貨物便で、北九州に送りました。

最後に残っていたMIMIとChachaは、

私の日本帰国の際、引き取りをご希望された

オーストラリア人の老夫婦にお譲りして

日本に帰国しました。