ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

コンドのプール比較、昔の思い出

f:id:mimiruby:20200714105855j:plain

今住んでいるアイランドプラザ(12階建て)は、

プールが5階にあります。

f:id:mimiruby:20200714110425j:plain

外に面していると言っても、

どうしても屋内プールの感じはします。

一方、2年ちょっと住んだマリーナベイの

プールは、屋外にあり、

景色・雰囲気が数段優れています。

f:id:mimiruby:20200714110005j:plain

マリーナベイのプールサイドの感想:

プールはMarina Bay A棟、B棟、C棟に

囲まれたパティオの中にあります。

このプール自体、褒めすぎになりますが、

昔、滞在したマイアミのラレイホテルの

プールを思い出させます。

プールの大きさは、ラレイのほぼ半分くらい。

昔の思い出:1994年

ミッキー・ロークと出会ったマイアミのホテル

1994年夏、パリからマイアミへの旅行。

当時、マイアミ大学に1年間の予定で口腔外科の

研究で招かれていた義兄のところに、義兄一家と

私の妻、娘と一緒にパリから、旅行しています。

その時に宿泊したのは、旅行会社時代のツテで

安く手配したラレイというマイアミで最も美しい

プールを持った、旧いスタイルのホテル。

1週間ほど宿泊して、毎日、プールにいましたが、

3日目に妻が発見しました。

ハリウッドスターのミッキー・ロークです。

彼は取り巻きを帯同して、私たちとは反対側の

プールサイドで、毎日を過ごしていました。

ホテルの話では、彼の一行は55泊しています。

彼は両親の離婚後、NYからマイアミに引っ越し、

19歳で再びNYに出る迄、そこで過ごしています。

マイアミには思い入れがあるのでしょう・・・

次の日、ホテルからロールスロイスで出かける

彼と握手、写真も撮らせてもらいました。

同時期(1994年9月)、ミッキー・ロークの

誕生日パーティの写真(ジョニーディップと)↓ 

f:id:mimiruby:20200714110125j:plain

デッキチェアを持ってきて、缶ビールを置いて、

プールそばの白い寝椅子に寝そべっていると、

f:id:mimiruby:20200714110214j:plain

この世の憂さも忘れたリラックスした気分に

なります。

海からの夜風は涼しく、夕涼みにぴったりです。

コンドの谷間のプールサイドからは、

コンクリートの建物に切り取られた、

ペナンの夜空が見えます。

上を見ると照明に照らされたココヤシ、

f:id:mimiruby:20200714110300j:plain

夜空には、今日は星を14個まで、数えました・・・

今日はプールサイドの寝椅子には私だけ、

プールの中は、静かに泳いでいる数人・・・

ほぼ、独占状態です。

この世の幸せ、です。

もっと早く、ここに来るべきだった・・・

若い時には、こういう体験はしなかった・・・

似た経験は、南仏、サンジャン・カップ・ド・

フェラのグランドホテルのプールサイド、

でも、当時は宿泊していなかった。

パリ郊外のLE VESINETの庭先、

プールはなかった・・・

ワンコはいたけど。

フリーマントルの庭のあずまや、

f:id:mimiruby:20200714111016p:plain

プールはなかった・・・

ワンコはいたし、水鳥の来る池もあったけど。

f:id:mimiruby:20200714111111p:plain

今は毎日でも、この体験が味わえます。

ペナンに来て良かった・・・

あのまま狭苦しい日本にいたら、無為に、

人生を終えていたんじゃないか・・