ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

ペナン島でインスタントコーヒーでビスケットを食べると・・・

f:id:mimiruby:20201020233001j:plain

大学に入学したての時に、フランス文学の

教授が、マルセル・プルーストの自伝的小説

『失われた時を求めて』の話をしてくれた

ことがあります。

主人公が紅茶に浸したマドレーヌの香りに

触れた瞬間、過去の記憶がまざまざと甦る・・・

その描写は文学界に大きな衝撃を与え、

フランスでは「あなたのマドレーヌは?」

といえば、記憶の“鍵”を尋ねるフレーズと

して定着している、云々。

今の私は、ペナンのコンドで夜、お酒を

飲まない時に、ネスカフェのコーヒーを

淹れて、ビスケットを食べていますと、

f:id:mimiruby:20201020233529j:plain

昔貧乏旅行をしていた時のマドリッドの

安宿ペンション・アマデオの朝食を

思い出してしまいます。

また、大学に入学して九州から上京して

一人住まいを始めた時に、友人のアパート

に行くと、そこでは当たり前に、

同じカップでコーヒーを回し飲みする

光景を目にして、目を丸くしたことも

思い出します・・・

どれだけ皆、それを粋がっていたのか、

貧しかったのか・・・

情緒等価物は、音楽だけではありません。

www.mimiruby.site

映画でも、お料理でも、食事でも・・・

ペナン島での生活の時々に、

昔の思い出が甦ります、

昔の懐かしい記憶が偲ばれます。