ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

ビーチについて思う事

f:id:mimiruby:20201220005801j:plain

サンセットビーチ(リペ島、2019年11月)↑

ランカウイ島(マレーシア)とリペ島(タイ)は

40km、フェリーで1時間半の距離にあります。

今はコロナ禍で、行き来が出来ません。

この差が大きいです。

リペ島のビーチでは、どこでもお酒が飲めます。

ワンコもリラックスできるビーチ、

サンセットビーチ(リぺ島、2029年11月)

f:id:mimiruby:20201220005722j:plain

ランカウイ島チェナンビーチ

(パブリックビーチ)には、

酒類を置いているカフェ、食堂がありません。

砂浜をテクテク歩いて、出ている露店、

食堂に片っ端から「ビールは?」と聞いても、

「ありません。」の返事ばかり・・・

えーっ、嘘でしょう・・・ 

マレーシアのランカウイ島、ケダ州は

マレー人の割合が76%強(中国系は12%強)、

アルコールを置いてある店が少ないです。

因みにペナン州は中華系 41.3%、

マレー系 41.5%、インド系 9.7%、

その他 7.5%で、マレー料理、インド料理、

アラブ料理を除けば、ほとんどの料理屋

さん(中華、和食、ドイツ、フレンチ、

イタリアン、ベトナム、タイなど)に

酒類はあります。

海辺、ビーチは大好きですが、

別に泳ぐわけではありません。

水泳は得意じゃないし、というか

ビーチで寛ぐのがいいんです。

白い砂、蒼い海、青い空、太陽、

開放された空間。

そのため、私のような人間には、

アルコールOKの場所が良いです。

リペ島、ボラカイ島、セブ島、

ヨーロッパ、オーストラリアなどの

ビーチでは、アルコールはOKです。

プールサイドでも同じです。

例えば、ペナン島のコンド、

この場合、夜のプールサイド、

f:id:mimiruby:20201220010207j:plain

2年住んだマリーナベイでは、

こんな感じ。

デッキチェアを持ってきて、

缶ビールを置いて、

プールそばの白い寝椅子に寝そべっていると、

f:id:mimiruby:20201220010254j:plain

リラックスした気分です。

この世の憂さも忘れてリラックス

した気分になります。

海からの夜風は涼しく、夕涼みに

ぴったりです。

コンドの谷間のプールサイドからは、

コンクリートの建物に切り取られた、

ペナンの夜空が見えます。

上を見ると照明に照らされたココヤシ、

f:id:mimiruby:20201220010622j:plain

夜空の星を14個まで、数えました・・・

プールサイドの寝椅子には私だけ、

プールの中は、静かに泳いでいる

2人だけ・・・

ほぼ、独占状態です。聴こえてくる

言葉は、西洋人の言葉がほとんど、

おーっ、少しだけ、プチヨーロッパ気分。

プールで水中ウオーキングをして、

プール縁りで談笑している人達。↓

この世の幸せ、です。

昔の思い出

南仏、サンジャン・カップ・ド・フェラの

グランドホテルのプールサイド。

f:id:mimiruby:20201220010842j:plain

ニースから海岸づたいに、

東にクルマで30分。

岬のほぼ頂上に立つホテル。

プールは、ホテルのレストラン、テラスの

高さから50メートルほど下がった

海にせりだした斜面を横に切って、

水平なところに作られています。

ちょっと見ると、プールから溢れて

いく水がそのまま、海に流れ落ちて

いくような、騙し絵を見ているような

錯覚に陥ります。

今でいうと、インフィニティプールを

断崖絶壁のホテルに作りこんだ

ようなものです。

このホテルの屋外のテラスで食事を

したり、ティータイムを過ごします。

ここの空気を呼吸し、

遠くに地中海を眺めます。

プール脇の真っ白な長椅子に

寝そべって、日光浴をします。

冷たい飲み物(キール、カンパリソーダ、

パスティスなど食前酒)をとる、

彼方に蒼い空、

この世の贅沢、です。