ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

ペナン島プチ移住の振り返り

f:id:mimiruby:20210102114340j:plain

横浜からペナン島に引っ越してきたのは、

2018年の5月9日です。

www.mimiruby.site

ペナン島を起点にプーケット島、

サイゴン、高雄、リペ島など近隣の

東南アジアを旅行しました。

ここ1年はコロナ禍でマレーシア国内に

閉じ込められていて、ランカウイ島、

イポー、クアラルンプールなど

国内旅行ばかりです。

ペナン島で2年半ほど過ごした私の感想は、

「凄く過ごしやすかった、素晴らしい!」

ペナン島の風土と人々に

感謝の気持ちでいっぱいです。

マレーシアでも、ペナン島は

クアラルンプールと比べて

生活物価も2割ほど安いような感じです。

私が考えるプチ移住では、

◎物価が日本よりも安い事、

◎治安が良い事

が大事なポイントです。

それに加えて、

レストラン・食堂がバラエティに富んでいて、

美味しく安くて、いろいろ選択の自由がある、

これがあるとさらに素晴らしいです。

美食の街ペナン島では、中華料理、点心だけ

でなく、フレンチ、イタリアン、ドイツ料理、

中東料理、タイ料理、ベトナム料理、韓国料理、

和食など美味しくて、

しかもお安いお値段で楽しめます。

お料理だけでなく、ホテル・コンド、光熱費、

交通手段などインフラもお安いところです。

高金利なのに通貨安で

インフレがほとんど無い国、

こういったところは、世界中を

探してもなかなか他に見つかりません。

日本円からリンギット両替で生活

している私は、助かっています。

通貨安といってもドル安・円高に

連れる傾向です。

こういう街を、私は何十年も、

探していますが、

まだ他に見つかっていません。

ペナン島には、

ほどよく都会のところもあり、

田舎の感じもあり、

ジョージタウンはコンパクトシティで、

暮らし易いです。

個人の好き嫌いもありますでしょうが、

私が今まで暮らしたほかの国々・街と

比べた中では、一番になりました。

以前は、パリが一番でした。

小さいながら、格闘技のスタディアム

まであります。

毎年の行事では、

3月にPenang YOSAKOI Parade:

7月に盆踊りもあります。

毎日とはいいませんが、

ペナン島では、何かしら発見があります。

私は、「芸術」には、とんと興味が

ありませんので、美術館、博物館

の類が無くても大丈夫です。

ペナン島で、

中山一人氏のモニュメントは見ました。

f:id:mimiruby:20210102115033j:plain

気候については、年中常夏、といっても

暑い時でも、気温は33℃くらいまで。

雨が降ると(強い雨だと大気が水蒸気で

煙ります)、一挙に2度くらい

体感温度が下がります。

コンドの高層階では、吹き抜ける風が

強く、暑さが吹き飛びます。

ペナンの自然災害について

マレーシアは1年に一度ほど「ヘイズ」

(煙害)に見舞われます。

インドネシアのスマトラ島などの焼畑

農業や森林火災により発生する大量の

煙や温室効果ガスで、大気汚染され、

空気がにおい、空が曇るほどです。

ペナンでは、9月の中旬~下旬が酷いです。

このほかに、自然災害は、モンスーン

による突風が年に数度くらい。

www.mimiruby.site

10月~4月はペナンを拠点にして、

リペ島、プーケット島、ベトナム、

フィリピン、高雄などの

東南アジアの国々、

4月~9月は、ブルガリア、ポルトガル

拠点に、周辺のヨーロッパを

旅行するのが私の夢です。

新型コロナの流行次第ですが、

旅行できるようになれば夏にヨーロッパ、

9月末にペナンに戻って、半年くらい、

東南アジアで過ごす予定にしています。