ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

帰国の準備、常用薬の購入など(ペナン島)

f:id:mimiruby:20210104170925j:plain

私の常用薬は、

血圧降下剤:NORVASCと

尿酸値を下げる薬:LANOLONEです。

ペナン島では、処方箋なしで買えます。

備蓄分が底をついてきましたので、

200日分(2箱で200錠)購入。

Belissa Rowのバス停そば、

Wellings Pharmacyで。

「Wang Thai」の並び、

「宮坂」の斜め向かい、です。

お勘定は、

NORVASC 1箱(100錠入り)

RM238 x 2箱=RM476(=12,376円)

LANOLONE 1箱(100錠入り)

RM75x2箱=RM150(=3,900円)

割引RM6で

合計RM620(=16,120円)

2020年5月の購入時より

NORVASC がRM1だけ、

値段が上がっています。

この200日分を使いきる前に、

次の旅に出れると良いなー、

と思っています。

常用薬のコストについて

ペナン島の場合

1日当たり80円くらい。

因みに、日本では

国民健康保険料を支払った上で

毎月通院の診察料と

1か月分の薬代合計は、

保険医療30%負担で

毎月2,500円でしたから、

1日当たり、83円。

この保険料分が、日本では、

ペナン島よりお高くなります。

タイの場合

1日当たり20~26円くらい。

タイではお薬が凄く安いです。

ペナンからタイに定期的に

旅行していた時には、

プーケット島やリペ島で購入

していましたが、タイ国では、

ペナン島よりもずいぶん安く

買えていました。

今は、COVID-19で旅行が

できません。

プーケット島の薬局で購入した時

Amlopine 200錠(200日分)

780バーツ(=2,964円)

Allopurinal 400錠(200日分)

1日当たり26円

リペ島の薬局で購入した時

Amlopine 75錠(75日分)225バーツ

Allopurinal(300mg) 80錠(120日分)

288バーツ

合計513バーツ(=1,894円)

1B=3.69円でしたので、

1日当たり20円弱です。

薬局から近所の朝市まで、徒歩5分。

f:id:mimiruby:20210104171351j:plain

朝市で買い物、

向かいのBandaru Barで買い物。

f:id:mimiruby:20210104171429j:plain

今日の移動手段は行きが

バス(アイランドプラザ➡薬局)で

12分、RM1.4(=36円)

帰りがGrab(Bandar Baru➡アイランドプラザ)

10分、RM6(=156円)。

.