ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

ペナン島で昔の日本映画「ニッポン無責任時代」を見て

f:id:mimiruby:20210117005341j:plain

1962年7月29日公開の映画ですから、

私はまだ小学生3年生くらい、

その頃、宮崎市から北九州市に

引っ越す頃でした。

植木等が歌う「スーダラ節」や

「ハイそれまでョ」などの

挿入歌は、巷でヒットしていて、

年末の紅白歌合戦でも

クレージーキャッツが

「スーダラ節」を歌っていたのを

覚えています。

当時、この映画は見ていません。

その後、随分時がたってから、

日本のテレビで放映されたのを

見ています。

昨夜、日本映画専門チャンネル

f:id:mimiruby:20210115180235j:plain

の放映で久しぶりに見ましたが、

突き抜けたお笑いでとがった、

コメディ映画です。

植木等が突然、歌い踊る場面が

何度もあり、

後年の香港映画「少林サッカー」

(2001年、この映画も素晴らしい!)

で突然出てくる歌と踊りの場面を

思い出させてくれます。

www.youtube.com

ただ、映画「ニッポン無責任時代」に

出てくるような会社や社員は、

現実にはいくら高度成長期の昭和でも

ありえないでしょう・・・

大島渚監督は

この作品と「ニッポン無責任野郎」の

二本立て上映を見て、小林信彦に

「どうしてあんなに面白いんだろう」

(小林信彦著『日本の喜劇人』より)

と語ったといいます。

この映画に出てくる「太平洋酒」の

社屋に使用されているのは、

私が転職してサラリーマンとして

最後の23年を務めた会社の本店ビルです。

後年親しくなったK君が、

会社にまつわる面白い話の一つとして、

教えてくれました。

懐かしい・・・