ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

「プチ移住」について思う事、誕生日の思い

f:id:mimiruby:20210127193350j:plain

ここまで生きてこられて世の中に感謝!

いろいろな国でここまで暮らすことが

できて幸せです。

性格も趣味も、昔からあまり変わらずに

生きてきました。

戦後に生まれ、現代に育った軟弱な

私には、一生涯移住という選択は、

とてもできません。

世界の好きなところに行ける、

日本のパスポートのおかげで

「プチ移住」と旅行を

楽しんでいます。

f:id:mimiruby:20210127193942j:plain

年金収入は限られていますから、

贅沢は出来ませんが、

日本で暮らすことを考えれば、

遥かに楽です。

年中旅行、時々「プチ移住」の暮らしは

日本で定住する場合に比べて、

お金の価値は3倍で、

生活が楽しめます。

紆余曲折があり、生活しにくくなった

日本を出て、現在は、ペナンをベースに

暮らしていますが、

f:id:mimiruby:20210127193836j:plain

これからの夢は、

ヨーロッパで半年、アジアで半年の

ペースで1年を暮らすことです。

早くコロナ禍がおさまってくれる

ことを祈るばかりです。

f:id:mimiruby:20210127194044j:plain

昔の思い出:

戦前から父の兄と弟はブラジル移民、

戦争には巻き込まれませんでしたが、

一生涯をサンパウロで終えました。

叔父達は年老いてから、大阪万博の

あった1970年から、数年に一度、

日本に里帰りして来ました。

父は中国大陸で働いていましたが、

戦争に巻き込まれ、敗戦まで

台湾の澎湖島の守備隊にいて、

命からがら引き揚げてきました。

兄と私は、敗戦後に生まれました。

私は、平和な日本の高度成長期の

豊かな時代に育ち、サラリーマン

として働き、転職も経験、

定年まで勤めました。

海外でも働きましたが、

戦争の無いところばかりです。

時代が現代でなく、

貧しい戦前のようであれば、

私も九州の田舎の片隅では、

一生を暮らさず、

やはり父の世代のように、

どこかに移民していたでしょう。

あるいは、一兵卒として徴兵され、

中国大陸、東南アジアのジャングルか

広大無辺の太平洋の海の藻屑となって、

この世から消えていたかもしれません。

今は、ペナンで昔の人生のツケを

払っているような生活ですが、

まだ僅かに残っている冒険心だけは

大事にして、残りの人生を楽しもう、

と思っています。