ペナンで一人暮らし(mimirubyのブログ)

ペナンに住み、日々が経つにつれ、旅行気分は薄れ、異国での生活が日常になっていきます。 ペナンでの生活の時々に、昔の思い出が甦ります。 ペナンの今の生活と、昔の思い出を書いています。にほんブログ村のランキングに参加しています。ワンコのバナーを押していただけますとランキングが上がります、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

出マレーシア記 ペナン島⇒KL 些細なこと

警察の移動許可証(州またぎ移動許可証)

大事です、二度提示を求められました

エアアジアのチェックイン時、

イミグレーション、手荷物検査場前入場口。

陰性証明書は提示をもとめられませんでした。

エアアジアは、無事、飛びました。

KLIA⇒ KLIA2

KL空港(エアアジアの到着、KLIA2)

からは荷物を受け取り後、

ずーと歩いて(長い)、

Level 1 まで降り、

Door5からGrabを呼びます。

KLIA(ANA,JLなどの使っている空港)

まで7分、RM30(=810円)。

f:id:mimiruby:20210418133752j:plain

トランジットホテルの件

空港前のサマサマ ホテルに到着。

レセプションでは、予約に私の名前が

なく、調べてみると、空港内の

サマサマ エクスプレス ホテルに

予約がされていました。

ホテルの人がバギーカーで4分、

空港まで送ってくれます。

空港内イミグレ後にあるトランジット

ホテル、サマサマエクスプレスホテル

に行こうとしますと、ダメ。

Informationの女性の説明によると、

<ANAの搭乗券を持っていても、

機内預け荷物を持っては、

イミグレを通れない。>

親切にもホテルに電話してくれて、

「イミグレが通れないからホテルに

チェックインできない・・云々。」

結局、当日このホテルは、

ノーショーになりましたが、

f:id:mimiruby:20210418134415j:plain

キャンセル料は、ホテルのお計らいで

無料になりました。

サマサマ ホテルに戻る体力、

気力は、萎えていました。

結果、空港(KLIA)に到着した、

23:30頃からANA(07:15発)の

チェックインが始まる早朝4:00頃まで、

何もない空港ロビーで過ごす羽目に

なってしまいました。

KLIA空港には、何もない、といっても

(チャンギ空港と比べると)過言では

ありません。

お店だけではありません、

スマホの充電ができるような電源、

コンセントが、大きな空港に2個

しか見つけられませんでした。

要点:

機内預け荷物のある場合、

空港外にあるサマサマホテルで

時間待ちがベストです。

ANAのチェックインカウンターが開き、

チェックイン(機内預け荷物)で、

ようやく荷物から解放されました。

このチェックインのとき、

ペナン島のクリニックでもらった

陰性証明書

f:id:mimiruby:20210418135027j:plain

のおかげで搭乗できました。

この陰性証明書が成田検疫で

問題になるとは、その時は

露知らずです・・・

出国審査(イミグレ)

イミグレの係官がCOVID19の理由で

オーバーステイしているが問題なし、

書類を作ってくれて、

f:id:mimiruby:20210418143118j:plain

<コロナ禍がなくなり、マレーシア

国境を開いたら、またいらして

ください>と言って、

爽やかな笑顔で送ってくださり、

無事に出国できました。

ようやくANAに搭乗しましたが、

その後は、また、

アプリの入力作業で疲れました。

搭乗時に配られる厚生労働省の

案内でインストールを要求される、

アプリのひどさに呆れました。

使いづらい、入力しづらい、

例えば、

日本での滞在先の入力方法。

ホテル名からではなく、

住所、所番地からです。

東京都、港区を選択すると、

赤坂1丁目から延々と地名が

出てきて、芝浦が出てくるまで、

ずーとスクロールして

いかないといけません。

その後、電話番号を入力して、

ようやくホテル名の入力です。

これ、民間のサービス業(通販、

ハイヤーなど)では、

ホテル名から入力で、一発、

住所まで自動入力できます。

アプリ開発業者がひどいのか、

発注側の要求がそもそも

何にも考えていないのか、

まったく

ユーザ無視のアプリです。